投稿

四神シリーズ③ 玄武岩と四神

イメージ
皆さんは「玄武岩」という岩石名をご存じでしょうか?

ごく一般的な岩石で、理科の教科書でも登場するメジャーな岩石です。

さて、この岩石名には、なぜ四神の「玄武」という名が付いているのでしょう?
その謎を解く鍵は、兵庫県北部、豊岡市にある国天然記念物「玄武洞」にあります。

玄武洞とは、玄武岩を採掘してできた人工の洞穴ですが、その岩石は柱状に規則正しく割れており(柱状節理)、柱の断面形は5~6角形のものが多くなっています。
明治17(1884)年、東京帝国大学の小藤文次郎博士が、岩石に名前を付けるにあたり、「玄武洞」の名前にちなんで、「玄武岩」と名付けました。

つまり、「玄武岩」が採掘できるから「玄武洞」になったのではなく、「玄武洞」にある岩石に「玄武岩」という名前を付けたのです。
なんと、「玄武洞」の名前の方が先だったのです。

では、そもそも「玄武洞」という名前はどこからきたのでしょう?

それは、江戸時代後期の儒者、柴野栗山(しばのりつざん)が文化4(1807)年に命名したことに因ります。栗山は、「玄武洞」の特徴である5~6角形の紋様が亀の甲羅にある亀甲紋(きっこうもん)を思わせ、柱状節理(柱状の割れ)が大きく曲がりくねる様子が蛇のようなので、亀と蛇が絡まり合う「玄武」を連想して名付けた、と言われています。


ちなみに、この玄武洞一帯には、玄武洞以外に、青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞があり、四神の名前がそろっています(朱雀は南北2つあります)。しかし、それぞれの位置関係は四神の東西南北の配置とは異なり、バラバラです。
これら玄武洞以外の洞名は、大正時代以降、「玄武洞」の名前に合わせて観光用に命名されたものです。


その後も「玄武洞」は、
・大正15(1926)年、地磁気の方向が今と反対の南を向くことの発見につながる。
・昭和6(1931)年、国の天然記念物に指定される。
・昭和30(1955)年、山陰海岸国定公園に指定される。
・平成20(2008)年、日本ジオパークに認定される。
・平成22(2010)年、世界ジオパークネットワーク加盟に認定される。
と、次々に価値が認められていきました。

玄武洞の近くには、城崎温泉、こうのとりの郷公園、出石そば、などなど、楽しいものがいっぱいあります。
一度、お出かけになって、柴野栗山が連想した「玄武」を体感されてはいかがでしょう…

四神シリーズ② ピョンチャンオリンピックに四神が現る!

イメージ
昨日、ピョンチャンオリンピックの開会式が行われました。

テレビでその様子を見ていますと、そこに登場したのは、古代中国鏡でおなじみの四神。

韓国の歴史と文化を紹介するシーンで、高句麗の壁画古墳に描かれていたことから採用されたそうです。

当館オリジナルの、四神をデザインした缶バッジをつくっていただいた皆さん。
県立フラワーセンターのサマーイルミネーションで、闇夜に浮かぶ四神をご覧いただいた皆さん。
当館で、四神が表された鏡(方格規矩四神鏡、重列式神獣鏡、四神十二支紋鏡など)をご覧になった皆さん。

テレビに映し出された躍動する四神を通して、東アジアに共通する文化を感じていただけましたでしょうか?

オリジナル缶バッジ(白虎:方格規矩四神鏡モデル)
サマーイルミネーションの四神(方格規矩四神鏡モデル)
四神十二支紋鏡(隋~唐:当館蔵)

四神シリーズ① 落語の中の四神

主に前漢代から隋唐時代の鏡に表された四神(しじん。ししん)。
日本でも高松塚古墳やキトラ古墳の壁画に描かれていたこともあって、古代史好きの方ならご存じの方も多いはず。
今では、ゲームのキャラクターにもなっているそうです。

何か、身近に四神を感じられるものがあれば、と思っていますと、またまた落語の中に登場していました。

『百川』という古典落語で、なまりの強い登場人物が「主人家の抱え人」と話したところ、「四神剣(しじんけん)の掛け合い人」と聞き違えられ、騒ぎになっていく、という内容です。

「四神剣」が祭りで使われる道具であることを知らないと、この聞き違いの意味がわかりません。『百川』は江戸時代終わりごろに実在した料亭がモデルといわれているので、この頃の人々には「四神剣」は身近な存在だったのかも知れません。
現代でも、「四神剣」を使う祭りがあるそうで、神具の販売店で売られているようです。

「四神剣」は「四神旗(しじんき)」ともいわれ、四神の絵が描かれた4本の旗のことです。
古くは、大宝元年(701)の春正月乙亥の日に、文武天皇によって行われた年始の儀式において、同じようなものが使われました。

大極殿正面の正門(南側)には、烏形の幡(大きな旗)、
左側(東側)には、日像・青龍・朱雀の幡、
右側(西側)には、月像・玄武・白虎の幡、
がそれぞれ立てられました(『続日本紀』)。

なお、この時に四神旗を立てた跡が藤原宮跡(奈良県橿原市)で発掘調査により見つかっています。(奈良文化財研究所 平成28年度調査。詳細はこちら)。

今後も、現代にひっそりと隠れている四神の姿を探し出し、紹介していきますので、お楽しみに。

中国の故事成語に見る犬の扱われ方

「戌年」に関連して、「犬」の話題です。

現在の日本では、全国の18%の世帯で犬を飼っているそうで、その数は1,200万頭にも達するそうです(財団法人ペットフード協会 平成23年度統計)。

こうした日本人と犬とのかかわりは縄文時代からはじまり、犬のためにお墓をつくるほど、犬は大切な存在だったようです。江戸時代にも、戒名や命日を記した墓石が立てられた犬のお墓、三途の川の渡し賃が供えられた犬のお墓が見つかっています。

では、中国での犬の扱いはどうでしょうか。
その一端を示すものとして、2,000年以上前から伝わる故事成語をみてみましょう。

狡兎死して走狗烹らる(こうとししてそうくにらる)
 狩りの対象であるうさぎが死ぬと、猟犬も不要になって煮て食べられてしまう。
(=敵が滅びると、功臣も不要となり排除されてしまうことのたとえ)

 犬は食べられる対象でもあったようです。日本でも弥生時代以降、食べられていたことがわかっています。飛鳥時代以降、犬食の禁止令がたびたび出されていたことからも、通常は食べられていたことがわかります。

跖の狗、堯に吠ゆ(せきのいぬ、ぎょうにほゆ)
跖(せき)という名の大盗賊が飼っていた犬は、堯(ぎょう)という伝説の聖天子であっても吠えかかる。
(=犬は悪人であっても忠誠心をもって仕えるが、相手が天子であっても他人には吠えかかる)

 犬の忠誠心が悪い方にはたらいた例えです。日本でも「〇〇の犬」なんて相手を悪く言う時に使いますよね。

狗吠緇衣(くはいしい)
緇衣(しい)とは、黒い服のこと。主人に仕える犬でも、主人の服の色が変わると吠えてしまう。
(=人は外見が変わると内面まで変わってしまったと思われることのたとえ)

 服装によって見え方が変わるので気をつけましょう。それと同時に、服装にだまされないようにも気をつけましょう。

・・・・・・

犬に関する故事成語をいろいろと見ていますと、犬は身近な動物であるために扱われ方は冷たい感じがしました。せっかくの忠誠心があだになってしまうことも。

もちろん、大切に育てられた犬、愛玩用の犬も居たようですが、故事成語に表れた犬の地位を考えると、ちょっと気の毒に思えました。

ちなみに当館では盲導犬以外の動物の持ち込みは禁止されていますので、ご注意ください(フラワーセンターはOKです)。

「戌年」はなぜ「犬年」ではないのか?

イメージ
あけまして、おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は戌年です。テレビでは年末から犬の映像や話題が取り上げられています。
ところで、なぜ、戌年は「犬年」ではなくて、「戌年」と書くのでしょうか?
こんなことを疑問に思うのは、心の純粋な子供か、私のような偏屈な大人ぐらいなのかも知れません。

この疑問を解くヒントは「方格規矩四神鏡」と「パルメット唐草十二支紋鏡」にありました。

方格規矩四神鏡は約2,000年前の鏡で、「戌」を含めた十二支の文字が中央の正方形の周りに並んでいます(写真1)。

(写真) (中央部分:X線画像を白黒反転して加工) 写真1 方格規矩四神鏡(新)
実は、この頃には十二支に動物の概念はなく、方位を示す座標として使われていました。
ちなみに「戌」は「ジュツ」と呼んで西北西に位置しています。

ところが、その600年後の「パルメット唐草十二支紋鏡」には、犬を含めた動物で表された十二支が巡っています(写真2)。
写真2 パルメット唐草十二支紋鏡(唐)
後漢(約1,900年前)に書かれた『論衡』(ろんこう)には、十二支に今と変わらない動物が割り当てられていることから、どうやら、この頃までには十二支の動物が完成、普及し、隋、唐の時代になると十二支は動物の姿で盛んに表されるようになったようです。

日本では、十二支のことを「干支(えと)」と呼んで12年周期の年を示す時に使いますが、その際、文字は動物の意味を持たない、本来の「戌」を使うため、「犬年」ではなく、「戌年」と表記しているのです。

※この2面の鏡は現在展示中です。(チラシ

鏡の値段(後漢)

前回、日本の江戸時代における鏡の普及について落語からお話しました。
今回は、中国の後漢時代(25~220年)のお話です。

結論から言いますと、
中国で、永平7(64)年に制作された鏡(直径13センチ、重さ300gほど?のブランド品)は、
およそ2ヶ月分の食費にあたり、
下級役人でも十分買うことができた、
と考えられています。

事実、漢代のお墓を発掘すると、およそ二人に一人は鏡が副葬されていることがわかっていて、漢代(特に後漢代)には鏡が化粧道具としてごく一般的な日用品であり、普通の副葬品だったことがわかっています。



<参考文献>
孔祥星・劉一曼(訳:高倉洋彰・田崎博之・渡辺芳郎)『図説 中国古代銅鏡史』海鳥社
岡村秀典2017『鏡が語る古代史』岩波書店

落語の中の鏡

日々、鏡に関する小ネタを探しておりましたところ、昨日のテレビ番組で見つけました。

それは、NHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」です。
そこでは「崇徳院」という古典落語が出てきます。

話の中心となっているのが崇徳院の和歌で、
小倉百人一首77番の
「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」(「詩花和歌集」恋上)
です。

詳しくはお話しませんが、最後のオチに鏡が出てきます。

この和歌の趣旨は
「川の水が岩によって引き裂かれてしまうように、今はあなたと別れてしまっているが、いつかは再び会いたいと思う」
というものです。
ところが、落語のオチでは、
「われても末に あわむとぞ思ふ」のところが、
「われても末に 買わむとぞ思ふ」
【(鏡が)割れてしまったので、末(月末)に買おうと思う】
と洒落を言います。

それはさておき、、、
時々、お客様から鏡がどれぐらい普及していたのか、というご質問をいただきます。
もちろん、地域や時代によって異なりますが、
この落語「崇徳院」は初代 桂 文治さん(江戸時代後期)の作といわれているそうなので、
このオチがその時から変わっていないとすると、
江戸時代の一般人はこの落語のオチを聞いて笑えるぐらいに鏡のことを知っていたことになります。

それからもうひとつ。
少し前のことになりますが、
NHKの別の番組「超入門!落語 THE MOVIE」で、
古典落語「松山鏡」が演じられていました。

この落語では、鏡を知らない夫婦が中心人物で、そのために勘違いをして喧嘩になってしまいます。
落語を聞いてる人は鏡を知っていたのでしょうが、
話の中心人物は鏡を知りません。

ひょっとすると、江戸時代でも鏡を知らない人が少しは居たのかもしれませんね。

<参考文献>
中村潤子1999「鏡の力鏡の想い」大巧社

3つのイベント

イメージ
12月2日(土)には、当館とフラワーセンターで3つのイベントがありました。

①12:00頃(フラワーセンター)
「コッパディ姫路」
小さくもかっこいいクラシックスポーツカーが100台ほど整列しました。
俳優の唐沢寿明さんも登場し、
当館の受付嬢も大興奮。
古代鏡展示館の前を疾走
②13:30~15:00(古代鏡展示館)
講演会「まぼろしの器、唐三彩の実態」
企画展に関連した外部講師による講演会で、
奈良文化財研究所の神野恵さんに最新の唐三彩研究について、
お話いただきました。
唐三彩の基礎的かつ最新の研究成果や
唐三彩の窯が4m以上も埋まっていること、
奈良三彩への影響の程度など、
直接、資料に触れてこられた方にしかできないお話をうかがうことができました。
当館所蔵の唐三彩の俑のような大型の作品については、
どんな窯で焼かれたのか、まだ明らかにされていない、ということでした。
皆さん、熱心に耳を傾けておられました
③17:00~20:00(フラワーセンター)
イルミネーション「花と光のクリスマス」
12月24日までの土日に実施します。
この日は初日。
寒い中、多くの方々がカメラを片手に観覧されていました。
おでんもおいしかったです。
虹色のトンネル

俑の顔出しパネル

イメージ
すっかり寒くなりました。
フラワーセンターも紅葉から落葉へと変わりつつあります。

池の水もずいぶんと干上がり、
隠れていた地形が表れてきました。
この池の周りは亀ノ倉遺跡という旧石器時代(約2万年前)の遺跡で、ナイフ形石器が採集されているそうです。

それはさておき、、、
現在開催中の「三彩の俑たち」が顔出しパネルになりました。
天王俑と文官俑があります。


天王俑には悪を撃退する役割があります。
できるだけ強い(こわい)顔で臨みましょう。

文官俑はエリート官僚です。
俑に負けないぐらいの賢そうな顔を出しましょう。

1,300年前の唐の都にも、こんな顔をした人が居たかも知れませんよ。
(メガネはなかったけど、、、)

レストハウス「フルーリ」のメニューと四神十二支紋鏡

イメージ
古代鏡展示館のある県立フラワーセンターには、レストハウス「フルーリ」があり、本当においしい食事を召し上がっていただけます。

先日は、そのうち「十六彩膳」をいただきました。

大きな箱を開けると、中には16の小鉢がきれいに並べられていました。

レストハウス「フルーリ」の十六彩膳
このお食事を見たとたんに頭に思い浮かんだものがあります。
「あっ、四神十二支紋鏡みたい、、、」

ちょっと、職業病とも思える反応ですが、
毎日、お客さんとお話をしながら鏡の紋様を見ているためかも知れません。

四神十二支紋鏡とは、鏡の中央に四神(玄武/げんぶ、朱雀/すざく、青龍/せいりゅう、白虎/びゃっこ)、その周囲に十二支(ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い)が巡るという紋様で、両者が東西南北の方位を合わせて配置されています。

四神はそれぞれ北南東西を司る霊獣で、十二支の動物は方位を表しています。今でも「乾(いぬい)」とか「巽(たつみ)」といった方角を示すことばとして残っています。
 ※艮(うしとら)=うし・とら=丑と寅の間の方向=北東
  巽(たつみ)=たつ・み=辰と巳の間の方角=南東   坤(ひつじさる)=ひつじ・さる=未と申の間の方向=南西   乾(いぬい)=いぬ・い=戌(いぬ)と亥(イノシシ)の間の方角=北西
一例ですが、明石城の南東隅にある櫓を巽櫓(たつみやぐら)、南西隅の位置にある櫓を坤櫓(ひつじさるやぐら)と呼ばれています。
四神十二支紋鏡(図録184 隋-唐)
お食事の容器は方形ですが、内側の4品が四神に、外側の12品が十二支に思えませんでしょうか、、、、、

なお、「十六彩膳」は2,500円ですが、お試し期間中は2,000円ということです。
この機会に是非ご賞味下さいませ。

団体予約も承っております。(電話:0790-47-1182)