投稿

銅鏡の基礎②「銅鏡は何でできている?」

イメージ
銅鏡は銅の合金でできています。

その比率は時代や地域によって異なっていますが、基本は銅、錫(スズ)の合金です。
この銅とスズの合金のことを「青銅(Bronze)」というので、正しくは「銅鏡」ではなく「青銅鏡」ということになります。

この合金の種類と比率については、正倉院宝物を中心に分析されたデータがあります。

それによると、正倉院の銅鏡は

主成分として「銅、スズ、鉛、ヒ素」、
微量成分として「鉄、ニッケル、銀、アンチモン、ビスマスなど」

があり、
主成分である元素の科学組成から

A群鏡:銅約70%、スズ約25%、鉛約5%
B群鏡:銅約80%、スズ約20%、ヒ素1~3%
C群鏡:銅、スズを主成分とし、鉛、ヒ素を少量含むが、成分比にまとまりがない。

の3つのグループに分けられるそうです。

そして、それぞれを他の銅鏡と比較検討した結果、
A群鏡=唐鏡
B群鏡=日本国産官営工房製鏡
C群鏡=日本国産私営工房製鏡
であろうと推定されています。

正倉院鏡の主要成分元素組成
しかも、このA群鏡の成分比は前漢時代(約2,200年前)の鏡からほぼ変わっておらず、極めて理にかなっていたようです。

それは、
①姿見であるため、できるだけスズの比率を多くし、明るい白銅色に仕上げる必要があったこと
②細かな紋様まで表現できること
③金属を溶かす温度をできるだけ低くすること
そして何よりも
④制作時に壊れないこと
⑤完成後も壊れにくいこと

こうした条件をクリアーするのがA群鏡の成分比であり、特にこの成分比を「中国鏡の標準的化学組成」と呼ばれています。

前回の「銅鏡の基礎①」でお伝えしましたように、表面は鏡として白銅色に仕上がっています。
ということは、裏側も同じ白銅色だったはずです。

発掘調査の出土品とはずいぶんイメージが違いますね。

<参考文献>
成瀬正和 1999「正倉院鏡を中心とした唐式鏡の化学的調査」『古代の鏡』日本の美術393 杉山洋編 至文堂

中秋の名月

イメージ
今年の中秋の名月は10月4日(水)だそうです。

♪ う~さぎ、うさぎ 何見てはねる
 十五夜お月様 見ては~ね~る ♪

わらべ唄の「うさぎ うさぎ」です。

「十五夜お月様」とは、月の満ち欠けの約半分である15日目が満月とされたことからきており、特に「中秋の名月」は旧暦で秋(7・8・9月)の真ん中の「8月15日」とされています。

さて、このわらべ唄にあるように、日本では月にはウサギがつきものです。

では、中国は?というと、それがわかるぴったりの鏡があります。

その名も「月宮図鏡(げっきゅうずきょう)」(または月宮鏡)。
「嫦娥奔月(じょうがほんげつ)」という月にまつわる伝説が表されています。

 月宮図鏡(唐 15.6cm)   鏡背面の全面を月に見立て、そこに月に関係する伝説を表しています。
構成要素は、①中央の樹、②右側の女性、③右下のウサギ、④左側の女性、⑤左下のカエル、の5つです。

① 中央の樹は、月に生えるという「桂樹」です。しかし、日本語でいうところの「桂樹」や「桂」とは別物だそうで、日本で言うキンモクセイ、ギンモクセイにあたるのだそうです。
この月に生えているという「桂樹」は、高さが100mを超え、切り倒してもすぐに再生するという恐るべき回復力があるそうです。
別の伝説によると、かつて呉剛という男がこの樹を切るという罰を与えられたのですが、樹は切る端から再生したため、永年に渡ってつらい仕事を続けなければならなかったそうです。

② 右側の女性はいろいろと説がありますが、西王母(せいおうぼ)と考えました。西王母は西方の山に住む女仙で、不老長寿の術を得意とします。
非常に有名な女仙で、二千数百年前から信仰されており、多くの鏡にも登場するほか、『西遊記』に登場したり、日本でも能の演目「西王母」として取り上げられたりしています。

③ 右下のウサギは、臼と杵(きね)で何かをつくっています。日本では「月にいるウサギは餅をついている」というのが定番ですが、中国では「白ウサギが不老長寿の仙薬をつくっている」と考えられています。
白兎(はくと)や玉兎(ぎょくと)とも呼ばれています。

白兎(玉兎)
④ 左の女性は羽衣をまとい、左手には容器を持っています。この女性は「姮娥(こうが)」あるいは後に「嫦娥(じょうが)」と呼ばれるようになった方で、弓の名人である「羿(げい)」の奥様…

鏡子の鏡通信⑩「サル? ネコ? カンガルー?」

イメージ
10月ですね。いよいよ“食欲の秋”到来です!!!
それはさておき・・

前回登場した、鏡子のオススメ『五獣紋鏡』!
そうです、ファイブモンキーズです(^o^)/


このコたちに対して「サルには見えない」と、周りで論議になっておりまして・・・
「じゃあ、何に見えるの?」

「どう見てもカンガルーじゃねっ?」
「いや、ネコでしょ!」

・・・そう言われると、そう見えてくる・・・


でも、わたし的にはやっぱり「ファイブ モンキーズ」なんですけどね(^_-)-☆

ひょっとすると、これが正解!ってないのかも・・・
結局、ぱっと見た時の直感!
その人がどう受けとめるか、ですよね(#^.^#)

鏡の中にいる動物たちや、草花、昆虫たち・・

あなたには、どんなふうに見えますか?

銅鏡の基礎①「どこが鏡?」

イメージ
銅鏡に関する基礎的なお話をするシリーズです。

 先ほども電話でのご質問で、「銅鏡はどこで顔を映すの?」というのがありました。

 展示室でも、来館者から
「真ん中の半球形の部分で映す説」
「鏡ではなく、鏡箱のふた説」
「水をはって水鏡にする説」
などなど、様々な説が出ています。

 実際はといいますと、銅鏡には裏表があり、写真や展示でよく見かけるのは鏡の裏側になります。
裏面、背面、鏡背面などと呼ばれています。
(逆に表側は、表面、鏡面などと呼ばれています。)

鏡(図録108 異体字銘帯鏡)の鏡面 現在、表側を向けて展示中(9/7~12/19) 当時はもっと輝いていたが、今は曇っている。 同じ鏡の鏡背面(裏面) 
 「な~んだ」と思われるかも知れませんが、現代の鏡の多くは壁にかけられており、「裏側」という発想がなく、気づきにくいのかも知れません。

 「じゃあ、なぜ展示室では裏側ばかり見せているの?」と思われるかもしれませんが、表面にすると、どれもツルツルの同じようになってしまうからです。鏡の特徴をわかるようにするには裏向きにして展示せざるを得ないのです。

 当館では復元鏡を制作し、手にとって鏡の裏表を見ていただけますし、重さも感じていただけます。 一度、復元された銅鏡に顔を映してみてはいかがでしょうか。

五獣紋鏡

イメージ
この秋から新しく展示している鏡(図録75)を紹介します。
 名前は五匹の獣がいることから、五獣紋鏡(あるいは五蜼紋鏡。「蜼(イ)」は猿の一種)と呼ばれています。径14.2cm、重さ186g。秦~前漢のころと考えられています。


 この鏡の特徴は周縁がなめらかなカーブを描いて立ち上がっていること。このように匕(さじ=スプーン)状に凹んだ面を「匕面(ひめん・さじめん)」、そして匕面をした縁を「匕縁(ひえん・さじえん)」と呼んでいます。
鏡の平面図(黄色の部分が匕面となる)

鏡の縁部分の断面図  こうした匕縁をもつ鏡は戦国時代の銅鏡の大多数に認められ、前漢はじめまで続きます。  特に最外縁の上部の尖った部分は、古い時期には面をもち、次第にその幅が狭くなり、やがては尖るように変化することが知られています。本鏡は鋭く尖っているので、比較的新しい時代、戦国時代末以降の特徴をもっていることになります。

 厚さも非常に薄く、1~2mm前後しかありません。手にすると驚くほど軽く、よくこんなにも薄く仕上げられたものだと、技術力の高さに感心し、割れないかとドキドキしてしまいます。

 さて、主紋様である五匹の獣。長く巻いたしっぽが特徴的でオナガザルのようにも見えますが、顔は狐で耳はネズミのよう。そしておもしろいのがそのポーズ。


 左前脚を外側の円帯につけ、右前脚で前方にいる獣のしっぽをつかみ、左後脚を大きく後方へ振り上げ、右後脚で内側の円を踏みしめています。まるで天地を支え、しっぽをつかみながら、ぐるぐる回っているようです。
 このようなデザインの鏡は他にも見つかっています。それらは獣の形態や,、頭数が3~5匹になるなどのバリエーションがあるものの、ポーズはよく似ています。天と地を支え、しっぽをつかむことには、単に愛嬌があるだけではない何らかの深い意味があるのでしょう。

東京国立博物館所蔵鏡 (画像番号:C005994) (列品番号:TJ-631) (http://webarchives.tnm.jp/) 獣の背景にある細かな紋様(地紋:じもん)は、羽状の紋様とその隙間にある小珠紋(ちいさい点々)からなっており、他の青銅製品にも共通する紋様です。龍の一種である螭(ち)が退化した紋様と考えられていることから、「羽状獣紋」と呼び、これが地紋となっているので「羽状獣紋地」、そして、こうした地…

鏡子の鏡通信⑨「ダンスユニット ~ファイブ モンキーズ~ のデビュー!」

イメージ
最近、朝晩が涼しい、というよりは寒くなってきたなぁと思っていたら・・
9月も終わろうとしているではありませんか!!!

ほんと、月日が経つのは早いですね。
展示替えをしたのが昨日のような気がするのに・・
展示替えによって初お目見えした鏡の中に、かわいらしい紋様の鏡があります。
もちろん、私的に・・ですけど(^^;
それは、「五獣紋鏡」という鏡です。

見て下さい!!このかわいらしさ!!
どう見ても、オナガザルが輪になって踊っているようにしか見えません!!

オナガザル?どこが?
はい、そうですね。私的には、と言いましたよね?
サル好きにはそう見えるのです(笑)
片足でバランスをとりながら、 片手でなぜか、隣のコのしっぽを掴み、そして踊っているような・・

私には、そんな感じに見えます(#^.^#) もしかしたら、手と手をつなぐみたいに、手としっぽをつないでいるのかなぁ・・
そう思ったら、ますますかわいくなってきちゃう(^^♪

展示替え

イメージ
9月7日(木)から、企画展2「三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい」がはじまりました。

鏡とは違う立体的な展示物なので、物理的な迫力があります。
これまでにお子さんが二人、天王俑を見るなり「怖い」と逃げ出してしまいました。

(怖い顔をしてるのはお墓を守るため) (よい子には優しいからご安心を)
三彩とはいっても、お顔には釉をかけず、彩色することで表情を豊かに表現しています。

俑を展示するにあたり、これまで展示していた宝飾鏡を片付けてしまいました。
でも、全部を収蔵庫に入れてしまうのももったいないので、定評的な宝飾鏡だけはコレクション展示コーナーに残すことにしました。

金粒やメノウ、トルコ石、水晶で飾られた象嵌鏡や、ヤコウガイで飾られた螺鈿(らでん)鏡、金銀の板を切り絵のように切り抜いて貼り付けた平脱(へいだつ)鏡などの宝飾鏡の一部は引き続きご覧いただけます。
しかも、見やすい鏡用のケースに移動しましたので、詳細に観察できます。
精緻な金粒細工など技巧の極致をぜひご鑑賞下さい。

ほかにも、新しい鏡を追加しています。
個別の見所は追々追加しますので、お楽しみに。

・孔雀石象嵌透彫鏡(戦国時代:紀元前4世紀。図録22)
   戦国時代を代表する二枚重ねの透彫鏡。

・五獣紋鏡(秦・前漢:紀元前3~2世紀。図録75)
   内側の円と外側の円を支えるように、5体の獣が手足を伸ばして踏ん張っている。

・螭(ち)龍紋鏡(前漢:紀元前2世紀。図録89)
   紋様を描く際に引かれた設計線がよく観察できる。

・金銀ガラス象嵌雲気紋鏡(前漢:紀元前1世紀。図録112)
   中心のガラス細工にも注目。

・双犀紋八花鏡(唐:8世紀。図録257)
   犀(サイ)のイメージが描かれている。本物のサイとどこかが違う?

・蓮上双天馬紋八花鏡(唐:8世紀。図録263)
   翼をもつ天馬が吉祥世界を表す紋様の一つとなっている。


鏡子の鏡通信⑧「展示替え」

イメージ
9月になりました!

もう、半ばですが・・(・_・;)
企画展示ケースの展示替えも終了し、新たな気持ちで過ごす日々は、アヒルに癒され、イモリと対面し、ウキウキわくわくしながらエビとたわむれ、そして、お気に入りの動物たちが展示室で私を待っている・・・そんな感じです(笑)
どんな感じなん・・って声が聞こえてきそうだけど、気を取り直して・・
9月7日(木)から、開館記念展第2弾「三彩の俑(よう)たち 唐王朝のたたずまい」が始まりました!
三彩って確か、教科書で見たような気が・・というそこのあなた!
俑って何?って思ったあなた!
そうです、あなたです。
昔の人も言ってますよね? 「百聞は一見に

もうすぐ展示替え

イメージ
もうすぐ、企画展「百花繚乱 いま、古の美が咲き誇る!」が終了します。
9月5日(火)までです。

千石コレクションで特徴的な唐代の宝飾鏡のすべてが一堂に会するのは、この先、当分の間ないでしょう。

博物館に一面あれば十分といわれる貼銀鏡、螺鈿鏡、金粒象嵌鏡などが、何と26面も陳列されています。

今なら、まだ、間に合いますよ。

螺鈿双鸚鵡紋八花鏡

鏡子の鏡通信⑦「夏過ぎて、、、」

最近、展示館の外では、ツクツクボウシの鳴き声をよく聞くようになりました。

そろそろ夏も終わりかなぁ・・

夏休みイベントの「金属で鏡をつくろう」と、
「クイズに答えて缶バッジをもらおう!」も無事に終わり、
夏の陣をよく戦い切った!って、自分で自分をねぎらう今日この頃・・・

そう言えば、子供たちの来館が少なくなってきたような気が・・・
夏休み期間中は、子供たちの元気な声が館内に響いていたから、なんだか寂しい気がします。

今は、鈴虫の声がBGM代わりに聞こえてくるから、ちょっと風流かもだけど(^^♪
でも、その声も、お昼からはピタリと止んで、再び静寂な空気に包まれる・・時もあったりして(笑)

さあ、9月!!

古代鏡展示館は、新たな一歩を踏み出します!
何が起こるの?

それはね・・
もうしばらくの間、内緒にしておきます。

だって、楽しみはとっておいた方がいいですもんね( ^